2017年04月03日

火事で発覚 太陽光発電所でケーブル窃盗

千葉・木更津市の太陽光発電所から、250万円相当の送電用のケーブルが盗まれていることがわかった。事件は火事がきっかけで発覚し、警察は、窃盗事件として捜査している。

警察によると2日午前1時半頃、木更津市の太陽光発電所から出火した。火はすぐに消し止められた。この火事で、太陽光発電用の送電ケーブルを覆っているパイプが約80メートルにわたって焼けた。

警察がさらに調べたところ、パイプの中を通る送電ケーブル17本、計250万円相当が盗まれているのがわかった。火事はケーブルを盗むために切断したことで起きたとみられるということで、警察は、窃盗事件として捜査を進めている。

日本テレビ系(NNN) 2017/4/2
posted by okugaisecurity at 20:51| 資材、金属